米国の相次ぐ財政政策とワクチン接種の進展から、米経済指標は堅調な数字が並んでいます。今回のFOMC議事要旨でも米国の景気認識は改善しています。しかし、議事要旨には緩和的な金融政策を当面続ける必要があるとしています。インフレ懸念が一時的ということと、幅広い包摂的な最大雇用という目標にはほど遠いとして雇用市場の回復の必要性が示されています。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。