不動産相続に携わる皆様のWEBプロモーションをサポート
ブログ 不動産と相続と

相続

生命保険・低解約型タイプ/年払契約/46歳/女性 – 法人保険スペック比較 生命保険・低解約型タイプ・年払契約

ここでは、生命保険・低解約型タイプ/年払契約・46歳・女性というケースで、各商品の比較表を掲載します。

生命保険・低解約型タイプ/年払契約/46歳/男性 – 法人保険スペック比較 生命保険・低解約型タイプ・年払契約

ここでは、生命保険・低解約型タイプ/年払契約・46歳・男性というケースで、各商品の比較表を掲載します。

もうナシでは生きられない…妻も豹変!「洗濯」という選択肢 – 幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

急成長を遂げるコインランドリー市場ですが、コンビニや携帯電話と同様、一度浸透すれば生活に欠かせない存在になると考えられます。※本記事は、株式会社ジーアイビー代表取締役である鈴木 衛氏の著書『デキル経営者だけが知っている “稼ぐ”コインランドリー経営』より一部を抜粋し、再編集したものです。 …

変異ウイルスに直面する南ア中銀の金融政策 – PICTETマーケットレポート・ヘッドライン

南アの通貨ランドは新型コロナウイルスの影響で昨年年初から急落しましたが、昨年後半は上昇傾向に転じました。一方、今年の初めに一時的ながらランド安局面が見られました。米国金利上昇に加え、南アで変異ウイルス(501.v2)の感染急拡大への懸念などが背景と見られます。こうした中、南ア中銀はより確度の高い情報を待つ姿勢から政策金利の据え置きを選択しました。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。…

コロナを封じ込めたベトナム…不動産投資「狙い目エリア」は? – ASEAN諸国で最も熱いベトナム――現地から探る不動産投資と事業の可能性

ベトナムは新型コロナウイルスの抑制に成功している数少ない国であり、世界的な不況のなかでも経済はプラス成長を堅持しています。不動産市場は他国同様波乱含みで、見極めには注意が必要ですが、戸建て・土地の取引の増加傾向、区の統合によって誕生したトゥドゥック市とその周辺の不動産取引の活発化など、投資の目安となる動きも見えています。現地で不動産ビジネスを展開する筆者が、ベトナムにおける不動産投資のポイントを解説します。…

「心が壊れた」築60年の超老朽マンションに1人住み続けたら… – 幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

国民の約10人に1人は分譲マンションで生活している今、マンションに住む人たちは大きな危機に瀕している。老朽化と大規模修繕、管理組合との付き合い、住民の転居と高齢化……。マンション購入時には明かされない課題を解説。 ※本記事は幻冬舎ゴールドライフオンライン掲載の書籍『分譲マンション危機』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。…

老朽化と廃墟化が進み…都心「分譲マンション」の恐ろしい末路 – すべてのマンションは廃墟化していくという真実

日本人のほとんどの人は「一生住み続ける」ことを前提に家やマンションを買っている。そのために何千万円というお金を金融機関から借りている。しかし、じつはほとんどの分譲マンションは、廃墟化への時限爆弾を抱えているという。マンションの廃墟化を防ぐ手立ては何か。本連載は榊淳司著『すべてのマンションは廃墟になる』(イースト新書)の一部を抜粋し、再編集したものです。…

コロナ禍の救済策「融資条件緩和」…弱小企業は切り捨てか? – 企業再生のスペシャリストが指南する、経営難の乗り越え方

コロナ禍で苦境に立たされている中小企業。朗報とばかりに、新型コロナに関連した融資の利子補給の条件緩和が発表されました。しかし無条件に喜んでいいものなのか、融資条件緩和の裏側を見ていきます。また経済対策として創設される「事業再構築補助金」についても情報が更新されたのでチェックしていきます。※本連載では、企業再生のスペシャリストである坂本利秋氏が、中小企業が経営難を乗り切る方法を解説していきます。…

2021年1月18日~1月22日のマーケットの振り返り – 【ウィークリー】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント

三井住友DSアセットマネジメント株式会社が、2021年1月18日~1月22日のマーケットについて振り返り、「1.先週の市場動向、2.先週のアジア・オセアニア株式・リート市場、3.先週のメキシコペソ市場、4.先週のブラジルレアル市場、5.今週の主な注目材料」のそれぞれについて解説します。※本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するマーケットレポートを転載したものです。…

欠点ばかり聞こえてくる「相続時精算課税制度」…得する人は? – 相続専門税理士がわかりやすく解説「相続の豆知識」

「相続時精算課税制度」とは、「生前贈与をするときは2500万円まで贈与税を非課税にしますが、贈与した人が亡くなった時には、その人の遺産だけでなく、過去に生前贈与した財産も一緒に、相続税を課税しますよ」という制度です。今回は、この相続時精算課税制度のメリット・デメリットを、相続を専門とする円満相続税理士法人の桑田悠子税理士がわかりやすく解説していきます。…

1 2 3 498 »
 
PAGETOP
Copyright © 株式会社ファルベマーケティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.