不動産相続に携わる皆様のWEBプロモーションをサポート
ブログ 不動産と相続と

相続・事業承継

家族は悲しみの中で何を知る?…亡き父の心優しき「証拠隠滅」 – 幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

日本には「知らぬが仏」という言葉がある通り、秘密にすることによって穏便に事を済ませようとする文化がありますが、相続が発生すると状況は一変します。隠しごとが原因で、家族がお金の問題や人間関係のトラブルにいきなり直面することになるのです。隠しごとの処理はひとりで悶々と考えていてもどうしようもありません。本記事では、自身の死後の事務作業を委託することのできる「死後事務委任契約」について取り上げます。…

今、「お寺」を買う富裕層が多いのはナゼか?…予想外な理由 – 幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

お寺の後継者不足が深刻だ。既に住職不在の「空き寺」は1万〜2万に上るとされる。宗教法人としての税制優遇はあるが、それ以外は自由競争に晒されている厳しいサービス業なのだ。しかし、じつは「ビジネス」という側面から捉えると、お寺の持つポテンシャルはかなり高いことが見えてくる。本記事では、スモールM&A市場の普及・拡大をメイン事業とする株式会社つながりバンク代表取締役斎藤由紀夫氏が、後継者不足のお寺を救う可能性について考察する。…

「愛人に財産遺したいけどバレるのは嫌」不倫父が最終手段を… – 新時代の相続…“ふつうの家”も対策必須!「家族を困らせない」相続準備

大切な人たちが自分の遺産をめぐって争う姿は見たくないものです。そのためには「隠し事」をきちんと打ち明けることが大切ですが、絶対にバレたくない秘密がある方もいるでしょう。愛人やその間の子はその最たる例です。秘密を保持したまま相続を穏便に済ませるには、どうすればよいのでしょうか。※本記事は、税理士法人・社会保険労務士法人タックス・アイズ代表 五十嵐明彦氏の著書『子どもに迷惑かけたくなければ相続の準備は自分でしなさい』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より一部を抜粋し、被相続人である親自身が取り組むべ…

「助けて。コロナで住宅ローン破綻する」子の悲鳴、親の選択 – 実例で解説!相続専門税理士が教える「あなたに合った」相続対策

今回は、相続税申告を200件以上経験した相続・事業承継専門の税理士法人ブライト相続の竹下佑史税理士が、「親族間の資金援助の方法」について解説していきます。

「親が死んだあとに多額の借金が判明」他人事じゃない相続の話 – 知らないと損!親が元気なうちからはじめる「後悔しない」相続準備

相続財産は被相続人の生前に調べることが大切です。相続人の力だけで財産の特定を完了することは難しく、税務調査で申告漏れの指摘を受けて初めて認識したというケースも少なくありません。また、相続で受け継ぐ財産には、預貯金や不動産だけでなく債務も含まれます。被相続人が多額の借金を抱えていることを知らないまま相続してしまうと、最悪の場合は破産する可能性も…。※本記事は、税理士法人・社会保険労務士法人タックス・アイズ代表 五十嵐明彦氏の著書『親が元気なうちからはじめる後悔しない相続準備の本』(ディスカヴァー・ト…

長男「全財産を俺が相続」のはずが…長女の存在に阻まれた結末 – 相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

年間約130万人が亡くなる日本社会。故人の遺産をめぐり、親族間で醜い争いになるケースが多発しています。相続が発生してから「家族と絶縁する羽目になった…」「税金をごっそり取られた…」と後悔してしまわないためにも、トラブル事例を見ていきましょう。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説していきます。…

「私は0円なのに…」妹絶句。医師の兄が得た、親からの贈与額 – 幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

開業医の家庭には、特有の相続リスクがあります。早めに対策を取るべきですが、相続対策を教えてくれる顧問税理士はなかなかいません。だからこそ、家族が寄り添い、金銭や相続の対策をすることが必要です。そこで本記事では、開業医の相続トラブルの事例を紹介します。…

「親の老後資金が凍結…」打つ手なし?認知症めぐる資産問題 – 相続・登記特化の司法書士が解説!「民事信託」を活用した新しい相続・認知症対策

高齢社会が進展するなか、認知症の増加に伴い、高齢者の資産凍結の問題が多発しています。家族の資産を守る方法として従来から生前贈与や成年後見制度、遺言書などの様々な対策が提唱されてきましたが、実際のところこれらの対策だけでは対応しきれないところや不便なところが多々あり、不完全といわざるを得ません。本連載は、相続・登記に特化した司法書士さえき事務所の所長である佐伯知哉氏が、新しい相続対策、認知症対策としての「民事信託」の活用法について解説します。…

80代で老人ホームに入所したが…長男が困窮した、父の預金額 – 相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

年間約130万人が亡くなる日本社会。故人の遺産をめぐり、親族間で醜い争いになるケースが多発しています。相続が発生してから「家族と絶縁する羽目になった…」「税金をごっそり取られた…」と後悔してしまわないためにも、トラブル事例を見ていきましょう。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説していきます。…

「実は儲かっていたんだ…」父の笑顔に家族が戦慄したワケ – 新時代の相続…“ふつうの家”も対策必須!「家族を困らせない」相続準備

相続対策には親子間の協力が欠かせません。人間だれしも隠しごとはあるものでしょうが、被相続人の秘密は相続トラブルの元凶になるといっても過言ではありません。※本記事は、税理士法人・社会保険労務士法人タックス・アイズ代表 五十嵐明彦氏の著書『子どもに迷惑かけたくなければ相続の準備は自分でしなさい』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より一部を抜粋し、被相続人である親自身が取り組むべき相続対策を解説します。…

1 2 3 13 »
 
PAGETOP
Copyright © 株式会社ファルベマーケティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.