不動産相続に携わる皆様のWEBプロモーションをサポート
ブログ 不動産と相続と

相続・事業承継

預金を引き出し…社長が認知症になった会社の恐ろしすぎる末路 – 日本企業の危機…事業承継はどうなる?社長が「認知症」になる恐怖

社長の認知症が進行すると、会社の意思決定ができなくなり、事実上の休眠状態に陥ります。会社の問題は従業員やその家族にも大きな影響を及ぼすもの。しかし社長の判断能力が失われた場合、打てる対策は少なくありません。万が一のとき、社長の認知症リスクを最小限にとどめるにはどうすればよいのでしょうか? ※本連載は、坂本政史氏の著書『社長がボケた。事業承継はどうする?』(中央経済社)より一部を抜粋・再編集したものです。…

欠点ばかり聞こえてくる「相続時精算課税制度」…得する人は? – 相続専門税理士がわかりやすく解説「相続の豆知識」

「相続時精算課税制度」とは、「生前贈与をするときは2500万円まで贈与税を非課税にしますが、贈与した人が亡くなった時には、その人の遺産だけでなく、過去に生前贈与した財産も一緒に、相続税を課税しますよ」という制度です。今回は、この相続時精算課税制度のメリット・デメリットを、相続を専門とする円満相続税理士法人の桑田悠子税理士がわかりやすく解説していきます。…

81歳の父が死去…「48歳実家住み長男」に姉が激怒したワケ – 幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

※本記事は書籍『相続大増税の真実』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再構成したものです。最新の法令・税制等には対応していない場合がございますので、予めご了承ください。

主婦の主張「家計管理で作ったへそくりは私の財産」は正しいか – 相続専門税理士による「不動産&相続の最新情報」

相続の際に問題となりがちな「名義預金」。名義預金とは、預金口座の名義人と実際の預金者が異なる預金のことで、相続の現場では、しばしば配偶者、子ども、孫等の名義になっている通帳等が見つかります。相続時に名義預金の申告が漏れると、あとから税務調査が入るなど面倒なことになりかねません。本記事では、名義預金の概要と注意点を解説します。※本記事は『相続専門税理士 髙原誠の「円満相続コラム」』から転載・再編集したものです。…

大手銀行、ついに「通帳有料化」…相続税申告への意外な影響 – 実例で解説!相続専門税理士が教える「あなたに合った」相続対策

みずほ銀行では「2021年1月18日以降に新規で口座開設する70歳未満の人」から「新規発行時と繰越時」の通帳発行手数料を有料化し、通帳1冊につき1,100円の手数料が発生するようになりました。また三井住友銀行でも「2021年4月1日以降に新規で口座開設する18歳から74歳までの人」を対象に、年550円の手数料が発生することが決まっています。そこで相続税申告を数百件経験した相続・事業承継専門の税理士法人ブライト相続の北川聡司税理士に、通帳の有料化に伴う相続税申告の影響と対策について解説していただきま…

父死去…実家暮らし姉「お金ちょうだい」に、長男の強烈な一言 – 税理士・岡野雄志の「事例でわかる相続の恐怖」

日本の相続財産は土地・家屋が4割近くを占めます。手元に豊富な資金があればよいのですが、相続したのが不動産のみで納税できない場合、どうしたらよいか。遺言書によって姉には実家、弟には現金を遺産配分したために揉めてしまった事例と、その解決方法を税理士の岡野雄志氏が紹介します。…

離婚直後に夫が破産…妻「私の家を没収!?」信じられない事態に – 事例で見る「相続・離婚トラブル」の解決法

いつの時代も尽きない離婚トラブル。相手がなかなか合意してくれない、条件が折り合わない…など、離婚するだけでも大変なものですが、その先にはさまざまな壁が立ちはだかります。知識を身につけ、もしもの時に備えましょう。今回は事例から、財産分与について見ていきましょう。…

【アジア太平洋地域のM&A】2020年の動向&2021年の見通し – 世界のM&A事情を熟知するDatasiteが発信!最も新しい「M&A」動向

昨年より終息の見えないコロナ禍、長引く不況、一方ではアメリカをはじめとする歴史的株高と、世界経済の動向は予断を許しません。そのような状況で企業の再編も進んでいます。ここでは、グローバルでM&Aの専門企業にクラウドサービスを提供するDatasiteが、2020年のM&Aと2021年の見通しを分析・解説します。※本記事は、Datasite日本責任者・清水洋一郎氏の書き下ろしです。…

円満相続の後に兄激怒「弟よ、あと1,000万円よこせ!」の真相 – 事例で見る「相続・離婚トラブル」の解決法

相続発生時、遺言や遺書の有効性についてトラブルが発生するケースが多発しています。知識を身につけ、もしもの時に備えましょう。今回は事例から、親との同居や介護が、遺産分割時に評価されるのか見ていきましょう。…

50歳の父が死亡…「俺がいますが」28歳の隠し子登場で騒然 – 幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本記事は書籍『相続大増税の真実』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再構成したものです。最新の法令・税制等には対応していない場合がございますので、予めご了承ください。

1 2 3 50 »
 
PAGETOP
Copyright © 株式会社ファルベマーケティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.