不動産相続に携わる皆様のWEBプロモーションをサポート
ブログ 不動産と相続と

相続・事業承継

申告漏れに注意!「生命保険契約に関する権利」相続時の注意点 – 専門の税理士が解説~すぐに役立つ「相続税対策」実践講座

解約返戻金や満期保険金を受け取る権利である「生命保険契約に関する権利」の相続は、相続税の申告から漏れやすくなります。特に保険の契約者と保険料を負担していた人が異なる場合は、相続の対象であることが知られていない場合が多いので注意が必要です。…

経営者・長男「遺産は1円もいらない」から豹変…介護に苦労した次男と泥沼の末路【相続のプロが解説】 – GGO大ヒット連載ピックアップ~『泥沼・相続トラブル』

経営者として羽振りが良く、「財産はいらない」と言っていた長男。しかし姉が亡くなると突如「財産を半分もらう権利がある」と言いだし、「争族」に発展――。※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会の書籍 『プロが教える  相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。…

急増中でカオス!「M&Aプラットフォーム」3つの確認ポイント – M&Aプラットフォームの「中の人」が語る、M&Aの現状

事業承継の選択肢のひとつ「M&A」。新型コロナウイルス感染拡大による不況下において、市場はむしろ活発化しており、広く注目を集めている。本記事では、事業承継サポートに取り組む、株式会社ビジネスマーケット・代表取締役社長の表一剛氏が、近年サービスを提供する企業が増加している「M&Aプラットフォーム」について解説する。…

贈与税の「暦年課税」と「相続時精算課税制度」を比較する – 相続税調査で慌てないために…税理士が「名義財産」の基礎知識を解説

贈与税の課税方法は、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2パターン存在する。具体的にどのような違いがあるのか、両者のメリット・デメリットを相続問題に精通する税理士が解説する。※本記事は、安部和彦氏著『相続税調査であわてない 「名義」財産の税務』(中央経済社)より抜粋・再編集したものです。…

サブリース契約「家賃の増額・減額」をややこしくする法的背景 – 相続・不動産に詳しい弁護士が解説!経営者の相続トラブル事例

あまり知られていませんが、サブリース契約には建物の賃貸借契約と法的に近い部分があり、運営にあたってもそれらの影響を受けています。仮に近隣の賃貸物件と家賃相場が合わなくなった場合も、金額の変更は簡単ではなく、契約締結時の事情の総合的判断を求められるなど、かなり複雑なのです。日本橋中央法律事務所の山口明弁護士が専門家の見地から詳しく解説します。…

知らないと損する!「包括遺贈」「特定遺贈」違いを徹底比較 – 専門の税理士が解説~すぐに役立つ「相続税対策」実践講座

遺言書によって財産を渡す方法には「包括遺贈」と「特定遺贈」の2種類があります。一見そんなに違いがないように見えますが、どちらの方法を採用するかによって、財産を受け取る側の相続税の金額が変わったり、また負うべきリスクが変わったりしてきますので注意が必要です。詳しく見ていきましょう。…

「きちんとした遺言書」をのこしてくれていれば…失うものが多すぎる「相続トラブル」 – 家族の「争いのもとになる遺言書」を書かないために

故人が遺言書をのこしていなければ、相続手続きのなかでもめごとが起こるケースはままあります。遺言書があったとしても、不備があれば同様です。ここでは行政書士の山田和美氏が、遺言書と相続争いについて解説します。※本連載は、書籍『「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方』(日本実業出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。 …

遺言書に「遺産なし」と書かれた子、遺留分請求を決意…親に土地を借りた事実はどう影響する? – 相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

「すべての財産は兄に相続させる」との遺言を受け、遺留分の請求を決意した妹。しかし兄は「妹は生前の父に土地を借りて自宅を建てているため、これまでの土地の賃貸料を遺留分から引くべき」だと主張します。妹が土地を借りた事実は、兄のいう通り「特別受益」となって遺留分の減額要因となるのでしょうか? 長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が解説します。…

長女の横暴「毎月70万円」母の口座から…同居介護でやりたい放題の実態【相続のプロが解説】 – GGO大ヒット連載ピックアップ~『泥沼・相続トラブル』

親の面倒を見ている兄弟は、親の財産の消費や相続で「やりたい放題」になりがちです。実際に「争族」へ発展してしまったエピソードをご紹介します。※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会の書籍 『プロが教える  相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。…

年間440億円「おひとり様の財産」が国庫に吸い込まれる現実 – 相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

いくら多額の資産を保有していても、所有者が活用することもなく、死後に相続させる相続人や特別縁故者もなければ、国庫に入ってしまいます。本記事では、天涯孤独となった資産家男性の事例を取り上げながら、資産との向き合い方について考察します。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。…

1 2 3 79 »
 
PAGETOP
Copyright © 株式会社ファルベマーケティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.