不動産相続に携わる皆様のWEBプロモーションをサポート
ブログ 不動産と相続と

海外活用

ハンセン指数は3日続落し、約11年ぶりの安値更新 – 国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

フェイクニュースに踊らされる人と踊らない人の決定的な違い – 日本はあらゆる領域が戦場になる戦時下である

最近、SNSで相手を誹謗中傷した者が訴えられて賠償請求されるケースが目立ってきました。将来的には、新型コロナワクチンに関する偽情報を流布した者が訴えられるケースが出てくる可能性もあります。元・陸上自衛隊東部方面総監の渡部悦和氏が著書『日本はすでに戦時下にある すべての領域が戦場になる「全領域戦」のリアル』(ワニプラス)で解説します。…

世界的に大幅利上げがつづくなか、日銀は緩和を維持。香港ハンセン指数は約11年ぶりの安値でベアマーケット入りの可能性 – 国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ロシアが一部国民の予備兵動員を表明…市場は原油先物が急騰する事態に。香港ハンセン指数は約半年ぶりの安値を更新 – 国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

【中国経済、2022年の成長率】期待される回復の「予想と実態」を読む…当局の成長率の捉え方に変化? – 中国2022年成長率を深読みする

中国国家統計局が7月に発表した2022年上期GDP成長率は、前年同期比2.5%、第二四半期は0.4%と20年第一四半期以来の低い伸びだった。とはいえ、新型コロナウイルスの感染が大幅に再拡大しなければ、財政金融政策の後押しにより、一定の下期回復は予想される。今回は、中国の最近の景気動向の実態と今後の展望、当局の年成長率目標5.5%前後達成に必要な下期実質成長率の数値について解説する。…

香港への入境措置の規制緩和によりハンセン指数は3日ぶりに反発も…ドル高人民元安による資本流出は深刻化 – 国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

中国四川省が都市ロックダウンを全面解除も…世界の金融政策決定会合を控え、アジア株式市場は続落 – 国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

フィリピン中銀「6月FDI純流入額」51%減も年間では「過去最高」を予測 – 投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏による、最新のフィリピンレポート。今週は、コロナ後の経済復興・活性化を図っているフィリピンのIPOの動向をみていきます。…

目前に迫る世界大不況…9月16日のアジア市場はドル高、人民元安の加速で全面安 – 国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

1 2 3 34 »
 
PAGETOP
Copyright © 株式会社ファルベマーケティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.