不動産相続に携わる皆様のWEBプロモーションをサポート
ブログ 不動産と相続と

健康

誰もがなる「白内障」、お得に手術を受けるコツ【医師が解説】 – 「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

白内障手術はきわめて安全かつ精度の高い治療です。また、適切な眼内レンズを選ぶことで近視や遠視、乱視、老眼までも改善できます。治療のタイミングは人それぞれですが、快適な目を手に入れるためにも、早期手術がおすすめです。とはいえ、手術費用にネックを感じる人も少なくないでしょう。お得に受ける方法はないのでしょうか。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が解説する本連載。今回のテーマは「選定療養」です。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。 …

白内障手術後、仕事復帰はいつ?「多忙でも手術可能」の真偽 – スゴ腕ドクター佐藤香の白内障治療Q&A

かつて、白内障手術は入院必須の大掛かりなものでした。しかし今では日帰りで行える手術となり、両目を同時に行っても10分で終わるようになりました。仕事を休めない多忙な人でも受けられる、スピーディかつ安全な手術となっています。本連載では、年間1500件もの白内障手術を手掛ける、アイケアクリニック院長の佐藤香氏が、白内障治療に関する疑問を、Q&A方式でわかりやすく解説します。…

「手術中に地震が来たら…?」患者の不安トップ5、医師が解答 – 「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

「手術が必要です」と言われたとき、ほとんどの人が不安を感じます。手術が怖くて先延ばしにしてしまう人も珍しくありません。気になる点はしっかりと確認し、より安心した状態で手術に臨みましょう。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が解説する本連載。今回のテーマは「手術前の5つの不安」です。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。…

肩の痛み…「正しい診断・治療」ができる医師の見極め方 – 幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本記事は、麻生総合病院整形外科部長、鈴木一秀氏の著作『「肩」に痛みを感じたら読む本』をより一部を抜粋、再編集したものです。

白内障の怖さ…5年前と比べたら「格段に見えない」という真実 – その症状、「白内障」のサインかも?病気の実態とメカニズム

白内障とは、加齢によって目の中でカメラのレンズのような役割を担う水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。60代で約半数、80代に至ってはほぼ全員が、程度の差こそあれ白内障にかかります。高齢化に伴い、今や「目の国民病」と言っても過言ではないこの病気について、眼科専門医が症状と治療法を平易に解説します。※本記事は『図解 白内障かなと思ったら読む本』(幻冬舎MC)から抜粋・再編集したものです。…

面倒くさい緑内障治療「毎日必ず目薬を…」から解放される方法 – 「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

次第に視野が欠け、失明へと至る病気「緑内障(りょくないしょう)」。主に目薬を使って進行を抑えつつ、一生つきあっていかなくてはなりません。たかが目薬と思うかもしれませんが、習慣的に行うとなると大変です。しかし、実はもっと楽で安全な治療法もあるのです。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が解説する本連載。今回のテーマは「iStent(アイステント)」です。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。…

朝起きたら目が真っ赤…「白目の出血」は眼科に行くべき? – 「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

突然、白目がべったりと赤くなってしまった経験はありませんか? 痛みやかゆみを伴うことがないため、ふと鏡を見たときや周囲の人々に指摘されて気がつき、「白目からたくさん出血してしまった!」と慌てて病院に駆け込む方が多くいます。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が「結膜下出血」について解説。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。…

白内障手術「どこで受けても同じ」という発想が危険なワケ – スゴ腕ドクター佐藤香の白内障治療Q&A

白内障手術は、手術方法から眼内レンズの選択肢に至るまで、たった数年前と比べても飛躍的な進歩を遂げています。しかし、いまだに「期待していたほどではなかった」「よりよい眼内レンズを選んだはずなのに、見えない」と後悔する患者が絶えません。なぜこのようなことが起きるのでしょうか。本連載では、年間1500件もの白内障手術を手掛ける、アイケアクリニック院長の佐藤香氏が、白内障治療に関する疑問を、Q&A方式でわかりやすく解説します。…

老眼鏡なしでも手元が見やすく…それ、白内障のサインかも – その症状、「白内障」のサインかも?病気の実態とメカニズム

白内障とは、加齢によって目の中でカメラのレンズのような役割を担う水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。60代で約半数、80代に至ってはほぼ全員が、程度の差こそあれ白内障にかかります。高齢化に伴い、今や「目の国民病」と言っても過言ではないこの病気について、眼科専門医が症状と治療法を平易に解説します。※本記事は『図解 白内障かなと思ったら読む本』(幻冬舎MC)から抜粋・再編集したものです。…

白目に「黄色い膨らみ」ができる!?「眼窩脂肪ヘルニア」とは – 「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

体内の器官が本来の位置から飛び出す「ヘルニア」。腰や腸、足の付け根に起きる病気というイメージが強いですが、実は目にも同様の病気があることをご存じでしょうか。年間1,500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が、眼科の最新情報を解説する本連載。今回のテーマは「眼窩脂肪(がんかしぼう)ヘルニア」です。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。…

1 2 3 17 »
 
PAGETOP
Copyright © 株式会社ファルベマーケティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.