不動産相続に携わる皆様のWEBプロモーションをサポート
ブログ 不動産と相続と

その他

「怒涛の屁理屈&支払う気ゼロ」…海外企業からの債権回収、弁護士が打った意外な方策 – 敏腕国際弁護士が解説!「アメリカ不動産オーナー」が知っておきたい法律基礎知識

日本企業同士のビジネスでも比較的頻度の高い債権回収業務ですが、相手が海外企業になると、難易度は一気に上がります。日本の流儀で対応しても、交渉は思い通りに進むとは限りません。国際法務に精通する中村法律事務所の中村優紀代表弁護士が、実際にあった事例をもとに解説します。…

自分を紹介する「遊び名刺」で老後のライフスタイルを作り直す – 3大リスク「お金、孤独、健康」の不安を取り除く定年の教科書

老後のライフスタイルはそのスタイルに合う自分の名刺を作ることも大事です。名刺は自分という人間を知ってもらうためのツールです。新しい人間関係を作る上で自分が作る名刺が役に立ちます。セカンドキャリアコンサルタントの高橋伸典氏が著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。…

超巨大台風で家が被災!「公的補償」でどこまでカバーできる? – 幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

2022年9月17日から20日にかけ日本列島を縦断した台風14号は、過去最大級の規模といわれています。被害の全貌はこれから明らかになっていくとみられますが、そもそも、超巨大台風のような自然災害で被災した場合に、建て替えや補修にかかるお金はどこまで公的補償でまかなえるでしょうか。解説します。…

【2022年米国CS調査結果】支出増のなか、クレジットカード利用低下の理由 – ランキングに見る顧客満足度~J.D. パワー顧客満足度調査より

米国を本拠とする国際的なマーケティングリサーチカンパニー、J.D. パワー(ジェイ・ディー・パワー)より、2022年の米国クレジットカード顧客満足度ランキングが発表されました。キャッシュレス決済意識は益々高まり、支出が増加しているなか、クレジットカードの利用は減少した理由を最新調査結果をもとにみていきます。…

習近平がアリババを締め上げ、デジタル人民元に固執する理由 – 日本人の給料が25年間上がらない残念な理由

習近平がアリババというかジャック・マーをかなり締め上げています。これはアリババの持っているインフラを支配したいからだと思われます。それはなぜでしょうか。日本経済の分岐点に幾度も立ち会った経済記者が著書『「経済成長」とは何か?日本人の給料が25年上がらない理由』(ワニブックスPLUS新書)で解説します。…

企業キャラクターの二次利用、著作権の扱いはどうなる?【弁護士が解説】 – 弁護士検索メディア『ココナラ法律相談』に寄せられた法律に関する疑問を、弁護士が徹底解説

制作会社やクリエイターにとって、著作権侵害は切っても切り離せない問題です。オリジナルの制作物を無断で他者にマネされることはもちろん許し難いことですが、逆に意図せず著作権を侵害してしまい、訴えられてしまうようなリスクもあります。著作権のトラブルを防ぐためには、製作者自身が著作権についてきちんと理解しておくことが大切でしょう。そこで実際にココナラ法律相談のオンライン無料法律相談サービス「法律Q&A」によせられた質問をもとに、キャラクターの著作権について杉本隼与弁護士に解説していただきました。…

「2000億円よろしく頼む」日米繊維交渉にみる角栄の仕事力 – 令和の時代に田中角栄首相だったら?新「田中角栄論」

池田勇人内閣で蔵相に就任した際の田中角栄の「私は高等小学校卒。諸君は全国から集まった秀才」の演説は官僚の心を掴んだ伝説のスピーチです。その真剣さと真摯さで相手を動かしたいわれています。ジャーナリストの田原総一朗氏が著書『田中角栄がいま、首相だったら』(プレジデント社)で解説します。…

“安さ”だけで決められない。「保険診療」と「自由診療」のメリット・デメリット【歯科医師が解説】 – 予防弱者…知らぬ間に不健康に陥る日本人

国民皆保険制度には、安く治療を受けられるという利点がある半面、病院の経営維持のために受けなくてもいい治療が蔓延していたり、治療の範囲が限られてしまったりなどの弱点もあります。ところが日本人の多くは保険診療しか知らず、自分で治療法を選択するということが浸透していません。ヘルスリテラシーを高め、健康寿命を延ばすために、保険診療以外の選択肢も押さえておきましょう。歯科医師の金子泰英氏が解説します。…

【スリランカ経済危機】2022年第2四半期のGDPは8.4%縮小。一方堅調な項目も – 現地経済メディアの記事を独占翻訳! スリランカ金融経済&ビジネスの最新事情

スリランカの政治・経済・金融に関する情報を中心に取り扱う、スリランカ発ローカルメディア『EconomyNext』より翻訳・編集してお伝えする。

過去最多「不登校19万人超」…第3の学校で起こす奇跡の連続 – 自分の頭で考える、自分のやり方を考える

2020年度に学校を30日以上欠席した不登校の小中学生は19万6127人と過去最多になりました。学校は子どもたちの発達障害などを理解するようになりましたが、先生の多くは価値観が変わっていないといいます。ジャーナリストの岡田豊氏が著書『自考 あなたの人生を取り戻す不可能を可能にする日本人の最後の切り札』(プレジデント社、2022年2月刊)で解説します。…

« 1 2 3 4 488 »
 
PAGETOP
Copyright © 株式会社ファルベマーケティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.