少子高齢化で加速する人材不足。今後、70歳までの定年延長は「努力規定」から「義務化」になることも想定されます。とはいえ人間である以上、どのような立場にある人でも、加齢に伴う心と身体の変化から免れることはできません。とりわけ視力や聴力といった「感覚」の機能は変化が顕著で、仕事にも私生活にも大きな影響を及ぼす部分です。実際にどれだけ変わるのか、データを用いて比較・分析してみましょう。※本連載は、石黒太郎氏の著書『失敗しない定年延長』(光文社)より一部を抜粋・再編集したものです。