「公的年金だけでは、老後生活を送るのに不十分」…政府も国民も、この事実を痛いほど理解しています。国民の多くが血眼になって老後資産の形成に励む一方、それでもなお「貯蓄ゼロ」状態から抜け出せない人々がいるのも事実です。数字から実情を読んでいきましょう。