勤務医から開業医へと「脱サラ」するには、医師としての臨床経験、資金力、体力の面から、40歳がひとつの目安といえるでしょう。しかし、開業医は経営者であり、患者から求められる技能も勤務医とは異なります。そのため、クリニック運営の実現には乗り越えるべきハードルがあるのです。ここでは、開業を志す医師が、勤務医時代から見据えておくべきポイントを解説します。