2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。「寝たきり」や「認知機能低下」を防ぎ、自立して健やかな老後を送ることができるよう、認知症について正しく知識を身に付けることが重要です。今回は、医療法人翠清会・翠清会梶川病院、介護老人保健施設、地域包括支援センター会長の梶川博氏、医学博士である森惟明氏の共書『改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法』)より一部を抜粋し、認知症と加齢に伴うもの忘れを見分ける方法を解説します。