コロナパンデミックの不安や終息の兆しをみせないウクライナ問題など、不透明感が強い昨今……資産防衛をどうするべきか迷っている人は多いでしょう。そこで今回は、鎌倉投信の代表取締役社長である鎌田恭幸氏が、長期的な目線で企業価値の向上が期待できる「いい会社」と「そうでない会社」との決定的な差を解説します。