認知症等により、自身での資産管理が難しくなった高齢者の資産を守るためには任意後見契約が有効ですが、制度の周知や理解は進んでいるものの、実際に活用されているケースはまだ多くありません。本記事では、活用することで高い効果を得られたケース例を取り上げながら、制度の概要とメリットを紹介します。多数の相続問題の解決の実績を持つ司法書士の近藤崇氏が解説します。