競争の苛烈さで知られる「美容業界」へ単身飛び込んだ、証券会社元ディーラーの筆者。2店舗目の経営赤字も立て直し、さらなる利益を求めてコスト見直しに着手したところ、シャンプーやトリートメントといった「薬剤費」に、膨大な費用がつぎ込まれていることに驚愕。そこには、美容業界特有の「悪しき慣習」がありました。