2020年6月30日、「香港国家安全維持法」が可決・施行された。欧米諸国や日本では、香港の一国両制(二制度)を破壊するとした批判的な報道が優勢である一方、香港内外で歓迎の声もあり、この問題には冷静で客観的な判断が求められる。今回は、「香港国家安全維持法」の法律面についての諸外国の懸念点のほか、肯定派による評価等について考察する(経済面への影響については次回)。本稿は筆者の個人的見解である。