近年、がんを治療(入院)せず、共存の道を選ぶ高齢者が増加しています。本記事では、国民健康保険坂下病院名誉院長の髙山哲夫氏の著書『新・健康夜咄』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「現役医師」の声をお届けします。