米国の長期金利上昇に連れ金が調整局面にある。1971年のニクソンショックによる米国の金とドルの兌換停止により、金は法的には普通のコモディティとなった。しかし、各国が公的準備に組み入れるなど実質的には通貨安定へのアンカーの役割を維持している。主要中央銀行が歴史的な金融緩和を行うなか、将来のインフレへ備え金への投資を検討すべきではないか。