日本の持ち家率は6割超え。マイホーム志向が低下しているとはいえ、多くの日本人は「家を買おう」と奮闘しているわけです。しかし家を買えばそれで終わりかといえば、そうではありません。新築であっても経年とともに劣化し、ライフステージの変化によって、リフォームは必須になってくるでしょう。そこで国土交通省の統計資料から、いまどきのリフォーム事情を紐解いていきます。