土地の相続税評価額を大きく減額でき、節税効果が高い「小規模宅地特例」。なかには「申告義務はあるが、小規模宅地特例を使えば納税はゼロ円」というケースも。しかしそこには思わぬ落とし穴が潜んでいます。そこで相続・事業承継専門の税理士法人ブライト相続の天満亮税理士に、事例を交えながら「小規模宅地特例」にまつわる注意点を解説いただきました。