みなさんは「行動経済学」という学問分野をご存じでしょうか。経済学と心理学のコラボレーション的な学問なのですが、そこでは「人間の脳が引き起こす錯覚」等も研究されています。本記事では、そんな錯覚を応用して、人々の努力へのインセンティブを高める経済手法を見てみましょう。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。