未曽有の事態のなか、中国の国内総生産GDPは前年同期比6.5%のプラスとなった。2020年の金融緩和や財政出動などの政策が景気を下支えしたようだ。春節も近づき毎度おなじみの現金需要に湧く中国だが、人民銀行はいつもと違う動きを見せている。Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス)CIOの長谷川建一氏が解説する。