判断能力が衰えたあとの本人の財産管理を助ける制度に、「後見制度」と「家族信託」があります。今回は、2つの制度の違いを7つの視点から見ていきます。※本連載は、海老原佐江子氏の著書『家族に迷惑をかけたくないあなたが認知症になる前に準備しておきたいこと』(WAVE出版)より一部を抜粋・再編集したものです。