認知症は、適切なケアを行えば症状を改善したり、進行を遅らせることが可能です。その方法として、病気の早期発見や適切な薬物療法とともに、近年では認知症に対するリハビリの重要性が認められつつあります。現状、認知症リハビリが最も盛んに行われているのはデイケア施設ですが、コロナ禍で通所が難しくなったり、患者本人が通所を嫌がったりする場合もあるでしょう。認知症の専門医・旭俊臣医師が、デイケア施設以外の日常生活で家族が気を付けるべきことなどを解説します。