生まれつき色覚異常がない人でも、加齢によって「色を見分ける力」が低下していくことをご存じでしょうか。色覚異常といっても大半は「色の判別が困難」という軽度な症状ですが、病気によって引き起こされる色覚異常の場合、色の判別がほとんどつかなくなったり、見えるものすべてがモノクロになったりする恐ろしいケースも…。後天的な色覚異常を引き起こす原因には、どのようなものがあるのでしょうか。