「色覚異常」とは、色を認識する力が弱い症状のこと。「色を判別しずらい」という人がほとんどです。とはいえ日常生活において不便を強いられることに変わりはありません。色覚異常の有無によって、色の見え方はどのように変わるのでしょうか? シミュレーションしてみましょう。