一家の大黒柱を失ったとき、遺族の生活を支える「遺族年金」があります。しかし支給要件があり、故人が自営業者の場合は原則として18歳未満の子がいる場合しかもらうことができません。一方、夫を亡くした妻で遺族年金をもらえない人に対しては「寡婦年金」が支給されます。今回は、「寡婦年金」の支給要件と支給額、支給を受けるための手続きなどを見ていきます。