コロナ禍の影響を受け、ますます重要性が高まっている「ESG投資」。これは環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)のそれぞれに対して、企業がどのような取り組みを実施しているかを調査・分析し、それらを基準として投資する手法を指します。有望な投資対象になりうるのは、どのような企業でしょうか? ESG投資の基礎知識から1つずつ確認していきましょう。公募投信“初”の「CAM ESG日本株ファンド」を設定したキャピタル アセットマネジメントがわかりやすく解説します。