家庭の事情で年取った母の面倒を見られず、すべてを兄任せにしていた妹は、母親の死後、残った財産の少なさに驚きました。兄を追及してもらちが明かず、話し合いは調停にまでもつれ込みますが、納得のいく着地点が見出せません。どんな対応が必要だったのでしょうか。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。