繁盛しているクリニックであっても、その内情にはトラブルを抱えているケースが少なくありません。しばしば見られるのが、人材の突然の退職やスタッフ間のトラブルといった労務問題です。診療にも深刻な影響を及ぼすリスクがあるため、院長の速やかな対処が重要です。※本記事は、『競合と差がつくクリニックの経営戦略』(日本医療企画、蓮池林太郎著)より一部を抜粋・再編集したものです。