医療費高騰対策の一環として在宅での看取りが推進され、また、自身も「自宅で最期を迎えたい」と考える人が少なくありませんが、実際は日本国民の約8割が病院で最期を迎えています。多くの人が望む「在宅死」を叶えるためには、一体何が必要なのでしょうか。本記事では、国民健康保険坂下病院名誉院長の髙山哲夫氏の著書『新・健康夜咄』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「現役医師」の声をお届けします。