5月の米雇用統計は就業者数の増加や失業率の低下から米景気回復の継続を示唆する一方で、雇用市場の回復は緩やかであることから、足元で金融政策の変更を急がせる要因は乏しかったように見受けられます。市場の反応として米国債利回りの低下がこの点を物語ります。ただ、賃金の上昇など将来的なインフレ率上昇を示唆する要因には注意が必要です。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。