景気動向を反映する傾向がある非農業部門雇用者数は20年4月(前月比約マイナス2079万人)を底に前月比プラスで推移してきましたが、今回はマイナスに転じました。雇用市場の回復の勢いが失われたことが示唆されていますが、一時的と見ています。なお、米雇用市場の動向を見るには短期と長期の視点が必要と考えています。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。