2月25日の米10年国債利回りがザラ場で一時1.60%まで急上昇したことから、世界的に株式市場が急落する展開となった。一般的に長期金利の上昇は企業の借入れコストの増加を意味するため、株安の理由としては理屈が通っているかのように思われる。しかし、過去の長期金利と株式市場の関係を見れば、それは必ずしも当てはまらないことが分かる。※投資のプロフェッショナルである機関投資家からも評判のピクテ投信投資顧問株式会社、DEEP INSIGHT。本連載では日々のマーケット情報や政治動向を専門家が読み解き、深く分析・解説します。