アメリカに所有している財産には、様々な所有形態が存在します。そのうちのひとつ、リビングトラストは、やっかいな「プロベート」なしに相続の手続きを済ませることが可能なのですが、注意すべき点もあります。適用の失敗事例から、なぜ「リビングトラスト」で失敗してしまうのか、その理由を解説します。