米国名門大学を母校にする最短ルートは、系列の米国短大から編入を狙う「トランスファー留学」です。しかし、編入には短大での好成績が条件。本記事では、短大時代に「オールA」の成績を残す単位履修のテクニックを紹介します。※本連載は、株式会社Sapiens Sapiens代表取締役の山内勇樹氏の著書『東大・京大卒に勝てる! 世界のトップ大学に編入する方法 』(ダイヤモンド社)より一部を抜粋・編集したものです。