1月5日の米ジョージア州における上院決戦投票の結果、米民主党が大統領選と上下両院を制する「ブルーウェーブ(青い波)」となった。この結果、バイデン次期米大統領が掲げる積極的な財政政策が連邦議会で成立しやすくなるとの見方から、株式市場は上昇基調が続いている。しかし、民主党の法案が全て成立するわけではないので注意が必要だ。※投資のプロフェッショナルである機関投資家からも評判のピクテ投信投資顧問株式会社、DEEP INSIGHT。本連載では日々のマーケット情報や政治動向を専門家が読み解き、深く分析・解説します。