「多焦点眼内レンズ」は白内障手術の際に、濁った水晶体の代わりに目の中に入れる人工の眼内レンズの一つです。鈴木眼科グループの鈴木高佳氏が、多焦点眼内レンズのメリットについて解説していきます。