現物確認においても、申告漏れの指摘を受けやすいポイントを事前確認し、受け答えの準備をしておくことが大切です。本記事は、『[改訂二版]相続税の税務調査を完璧に切り抜ける方法』(幻冬舎MC)から抜粋・再編集したものです。