税務調査と聞くと、国税局査察部の通称名である「マルサ」をイメージしますが、マルサが税務調査を担当するのは悪質な納税者に限定されるため、一般の人がマルサの調査を受けることはほとんどありません。相続税や所得税を申告した人が調査を受ける際、相対するのは「国税局資料調査課」。税務調査を担当する部署の中でも、特に優秀な職員が集められている部署です。今回、この「国税局資料調査課」について解説していきます。