中小企業は経営資源が少ないケースが多く、経営者は「限られた経営資源の中での探索活動(新事業の発掘)」に悩みがちです。しかし、本当は隠れた資産や強みがあるにもかかわらず、それを見逃しているだけかもしれません。自社が有する資産や強みをどのように捉えて活用するか、その手段を解説します。※本記事は『中小企業の両利きの経営』(ロギカ書房)を抜粋・大幅に再編集したものです。