人手不足、減らない残業、かさむ人材採用コスト…さまざまな問題に苦しむ日本の中小企業。客観的データから見ても、日本の中小企業の経営が思わしくないことは明らかです。なぜこのような事態となっているのでしょうか? 原因を示すとともに、経営改善のためのソリューションを考えます。※本連載は田牧大祐氏、佐々木伸明氏の共著『中小企業経営者のための「RPA」入門』(幻冬舎)より一部を抜粋・再編集したものです。