娯楽や医療など、あらゆる分野で活用が進む「3D技術」。多くの人にとって最も身近な例は「3Dメガネ」でしょう。世間的には映画鑑賞に使うものという印象が強いですが、実は医療の現場でも大活躍しています。年間1,500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が、眼科の最新情報を解説する本連載。今回のテーマは「3D手術」です。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。