FOMC定例会合、パウエルFRB議長の記者会見により「テーパリング」への注目が高まっています。マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は「米国の金融政策は、もちろん米国の中央銀行であるFRBが決めるわけだが、ある意味では、失業率が決めていたといっても過言ではない」と述べています。一体なぜなのでしょうか。今回は、米失業率との関係から「テーパリング」のXデーを考察します。