改正相続法を物語で読み解く本連載。今回のテーマは「一部分割」について。物語は、果実業を営んでいた被相続人の死亡から始まる。長男は父の遺産である畑の売却を目論み、次男らと対立。遺産の現金化を急いだことから家庭裁判所に遺産の「一部分割」を求める調停申立書を提出し、調停委員たちは準備を進めていた…。※本連載は、片岡武氏、細井仁氏、飯野治彦氏の共著『実践調停 遺産分割事件 第2巻』(日本加除出版)より一部を抜粋・再編集したものです。