現代日本において多くの人が悩む「お墓」の問題。お墓は子孫に引き継がれることを前提とした「財産」の一つですが、時代が進むにつれて伝統やしきたりに沿うことがままならず、困難に直面する人々が増加しています。終活ブームが高まるなかでも未だ避けられがちな「お墓問題」について、いまいちど整理してみませんか。※本連載は、樺山玄基氏の著書『令和時代のお墓入門』(幻冬舎)より一部を抜粋・再編集したものです。