それなりの資産を保有する独身サラリーマンは、自分が亡くなった後、財産がどうなるのか気にかけています。両親もきょうだいもなく、いわゆる「法定相続人」がだれもいない状態です。密かに考えていることがありますが、実現に向けた具体的な方法はどのようなものになるのでしょうか。相続問題の解決に定評がある、弁護士法人菰田総合法律事務所の國丸知宏弁護士が事例をもとに解説します。