横浜市在住の資産家の夫婦は、独身の末っ子を跡継ぎと決め、着々と資産移転を行っていました。しかし、末っ子が末期がんであることが判明。不動産の多くをすでに子どもと共有名義にしています。子どもが先に亡くなれば、移転した資産を再び両親が相続することに…。どのような対策を取るべきでしょうか。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。