トルコリラは、先週予想以上の利上げを受けて15円台まで上昇しましたが、その後の中央銀行総裁の突如の解任などから、週明けには12円台まで大暴落しました。長く続いた下落トレンドが終わり、上昇トレンドへの転換の期待も出ていた動きは、またしても振り出しに戻ってしまったのでしょうか。本記事では、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が、高金利通貨・トルコリラの「底値」について考察します。