医療法人社団鈴木内科医院理事長兼院長の鈴木岳氏は、著書『安らぎのある終の住処づくりをめざして』のなかで、入居者ファーストの「終の住処づくり」について語っています。当記事では、鈴木氏が自身の経験を元に、「入居者にとって快適なサービス付き高齢者住宅」について考察していきます。