足元のインフレ率上昇の背景として、昨年の物価下落の反動、石油など商品価格の上昇など様々な要因が指摘されています。サプライチェーンの混乱で海上コストの大幅上昇も注目される要因です。先月末に公表された経済協力開発機構(OECD)の世界経済見通しの分析などを参考に、物価への影響を振り返ります。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。