マスコミ等による「国は大幅な赤字を抱えており…」という切迫感あふれる報道に、不安を覚えたことのある人は多いのではないでしょうか。このいい回しはなんとも絶妙であり、多くの国民の認識と実際の意味する内容とには、乖離があるといえます。しばしばニュースで目にする「国の借金」「国の赤字」「日本国の赤字」「日本国の黒字」等の、微妙な表現とそれらの意味する正確な内容について、経済評論家・塚崎公義氏が平易に解説します。